ホーム

製品の特徴

カタログ

正規取扱店

通信販売

付録写真館

ギャラリー

混色編成

使用上の注意

はりかた

ブログ

リンク

開設
1999.03.16

更新
2016.02.06

なるべく軽いページを目指しております。ボタンとか、ムダな装飾はできる限り使ってませんのでそこんとこヨロシク。

主宰の好みにより、サイト内の表記において、一部本来の正式名称とは異なる表現や、旧名称を敢えて用いている場合がありますのでご注意ください。

本サイト内の画像・テキスト類は無断で二次利用しないようお願いします。このサイトはリンクフリーとしますが、できるだけこのトップページにリンクして下さい。また、事後で結構ですのでリンクした旨をメールでお知らせ願います。

は じ め に

この度は「おいで野洲!鳳車輛製造」をご高覧頂き、誠に有難うございます。鳳車輛製造は、鉄道模型用の超細密美麗ステッカーの企画・製造・販売を中心に活動を行なうインディーズレーベルです。このサイトは鳳車輛の製品を紹介し、販売の促進を謀る目的で公開しております。当方が活動を開始するまで、方向幕やサボ・ヘッドマークといった車両に無くてはならないものの表現には、実物とは似ても似つかぬモノしかありませんでした。電車を作っていて、車番は実物通りのものがあるのに何故方向幕はないのだろうか・・・。それなら自分で作っちまえ!と、小規模ながら事業を展開するに至ったものです。願わくば当方製品をご利用頂き、またそこから新たな創作意欲を刺激できれば、望外の喜びと存じます。

 

お し ら せ カキカキ.._〆('Д⊂


2015.06.13 鎌倉

■当日になってしまいましたが(^^;)、2/6、横浜金港町の第3回横浜鉄道模型パーツ・キット即売会の告知です。買うものがなくても、雑誌やネット上で活躍するモデラー達の渾身の作品は一見の価値ありです。あれは一度是非見て欲しい!

■あと3日しかありませんが、7/5、最後の浜松町、第21回JNMAフェスティバルの告知です。

■さらに! 取扱店が増えました! 横浜線は鴨居の老舗「アンドロメダ屋模型店」です。

■サイトの更新がまた遅れてしまい、2月分と3月分が一緒になってしまいました。ゴメンなさい。まずお知らせしたい新規取扱店のお知らせです。「ポポンデッタ モリシア津田沼店」「ポポンデッタ GLOBO蘇我店」の2店です。既に多くのご注文を頂き、納品させて頂きました。ご近所の方も、そうでない方も是非。

■2月の特集は「ジーゼル」でした。いや別に必ず特集を組んでる訳ではないんですが。「338 ジーゼル方向幕(高岡篇)」富山在住の方から方向幕を借りて製品化したもの。お返しする時、「高山線のキハ58に逢いに行きたいです」と言っていたのですが、いつしか引退してしまい、海を渡った日帰り圏内に・・・そういうしている内に、新幹線ができあがってしまいました(泣)。「339 ジーゼル黒幕(山陰線)」国鉄色気動車最後の楽園と言われた、鳥取・米子地区のキハ58・40系用。市販完成品をちょっと黒ゴム化して、ヘッドマークを付けるだけでも気分が盛り上がります。「345 ジーゼル行先板(新津運輸区)」何かキハ58の最期を追いかけている様ですw やっぱり米坂線の思い出が忘れられず。個人的には国鉄色ではなく新潟色。「346 キハ66方向幕(国鉄篇)」「347 キハ66方向幕(直方篇)」「348 キハ66方向幕(長崎篇)」まさかのHG完成品発売に興奮した結果です。何故か幕を持っていたw こう見えてキハ66を見た事もないし、長崎に行った事もありません。どっちもとても興味深いのですが。

■そして2月に逃げられまして、3月すら去って行きました。桜まで散ってるし(-"-;) 3月は「甲州街道」特集かな?「237 国電用方向幕(東西線直通)」301系! 103-1200! ちょっと1000! おまけのサハ103-429・430w 「238 103系手動幕(豊田電車区)」亡き祖父に連れられて行った御嶽山、御嶽から青梅まで乗って、なぜか降りて(トイレかな?)、引き続き乗ろうとしたら間違えて反対方向に乗ってしまいました。次の宮ノ平で降りて、やってきた電車の番号は・・・「モハ103-1」。トップナンバーの希少性は理解している年でしたから、興奮して乗った思い出。その頃はまだこの幕だったはず。作りたい! 「349 中電用行先板(中央東線)」初めて中央東線に乗ったのは、ボーイスカウトの「夏の村」で石和から芦川村に行った時でした。これと言った記憶はないんですが、険しい山中を行く丸窓だけ記憶に残ってます。むしろ山梨交通の旧塗色のちっちゃなバスの方がw モモ園の中をひたすら登る小さなバスに、いたく感動したものです。「350 211系方向幕(長野地区)」そしていきなり現代に引き戻されます。去年の12月5日、山スカがいよいよいなくなると聞いて、未明の勝沼I.Cに降り立ちました。しかし、あまり天気が良くなくいまいちうまく撮れず、やっと晴れたと思ったら211系ばっかり・・・ただ、その番号は地元藤沢で見慣れた「あいつら」でした。あっちでも頑張って、色んな人の思い出になって欲しいなと。

■さて、2015年1発目の新製品5点。「特集:鎌倉車両センター」という事になりましょうか。あまり知られていないと思うのですが、鎌倉車両センター・・・いや大船電車区の方が言いやすいわw 大船区の敷地の半分以上は藤沢市小塚という場所に属しています。具体的に、分岐器がいっぱいあるあたりと事務所は鎌倉市で、留置線の2/3くらいが藤沢市です。つまりハマ線もスカ線もNEXもすみっこに置かれたサロ110-1000番代も、ぼくの地元の電車ですw まぁどうでもいいですが。「239 205系方向幕(ハマ線/LED)」長らくお待たせしました横浜線205系のLED。運行灯をつくる上で避けては通れない幕板表現をどうするか。けっきょく201系と同じ方式になりました。奇しくもBONA FIDEよりブラックフェイス部分のエッチングパーツが発売されましたが、それと組み合わせてもよし。今後の205系用の展開をどうするかはまだ決めてません。1000番代とか運行灯と一体になるから鬼門なのよね・・・w 「343 217系方向幕(スカ線/巻取式)」「344 217系方向幕(スカ線/LED)」近郊形車両とはなんなのかを考えさせられた最初の系列、E217系。登場から20年で、4扉車が席巻してしまった現状を見ると、やはり座席を減らされた恨み節が出てしまう訳ですが、趣味的にはそのなんとなく不憫な感じがいじらしく見えてしまう訳で、やっぱり模型は欲しいよね。1/150で作ってありますので、KATO製品には不向きです。TOMIXがやっと量産車に手を出してくれたからこそ出せた商品。「516 253系方向幕(0番代)」253系と言うと、やはりボディマウントTNの衝撃が忘れられません。しかしセールス的には安価なKATO製品が有利であった様で、結局TOMIXから6連は出ないまま実車が引退してしまいました。「517 253系方向幕(200番代)」6連がないと改造の難易度が急上昇してしまう200番代車。やっぱりあって良かったKATO製品という事なのでしょう。

■「はりかた」コーナーを作りました。今さらステッカーの張り方など見ても仕方が無い、という方が多いとは思うのですがw

正規取扱店の皆様へ
最新版の注文書(エクセルファイル)がダウンロードできます。ご利用ください。
※一般のお客様もダウンロードして頂いて構いませんが、それをFAXされても通販のご注文はお受け致しかねますので、予めご了承願います。この注文書をお使い頂けるのはあくまでも正規取扱店のみとさせて頂きます。
※印刷時には印刷範囲の設定を行なってください。

■表紙写真 ずっと撮りたかったアングル。(2015.06.13 鎌倉〜逗子)

 

1999-2015 鳳車輛製造